上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビールイベント

どうもで~す!!

HIGURASHI DINERの新しいビール達!!

⑥13th Anniversary Ale 9.2% ストーンブルーイング(サンディエゴ)

カリフォルニア州南部サンディエゴ近郊にあるストーンブルーイングは素材や製法にこだわり、その独創的で個性的な味わいは
アメリカ西海岸にとどまらずヨーロッパでも人気を博し、日本のクラフトビールファンの間でも非常に評価が高いとされています。
13周年を記念して造られたこのアニバーサリービールは鮮やかな濃い赤い色のボディカラーと黄褐色の泡を持ち
モルトから来るタッフィーのような甘さにホップの柑橘系の香りと苦味が織り成す素晴らしい味わいです。

⑦Budweiser 5% アンハイザー・ブッシュ社(セントルイス)

アメリカのミズーリ州セントルイスに本社を持つアンハイザー・ブッシュ社が生産・販売するビールで、
1876年に生産が始められて以来、世界中で愛されているビールです。
日本ではキリンビールがライセンス生産及び米国製バドワイザーの輸入を行っています。


ハンバーガーもまだ少しあります!!

それでは、皆様のお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 11/30

"REAL ALE"

①よなよなエール 5.5% ヤッホーブルーイング(長野)
アメリカのクラフトブルワリーでブルワーとしての魂を叩き込まれた日本人クラフトマンが日本で産んだ「よなよなエール」。
アメリカ産アロマホップとエールモルトで結実したフルーティな香りと味わいのアメリカンペールエールです。

②YOKOHAMA XPA 6% サンクトガーレン(神奈川)
日本で地ビールが解禁になる前からアメリカでクラフトビールを造っていたサンクトガーレン。
横浜市のオフィシャルウォーター「はまっ子どうし」を使用して仕込んだこのXPAは
ホップをふんだんに使った、定番ビールの中で最も苦味の効いた最も香り高いビールです。

ドラフトビール

③Chatoe Rogue Wet Hop Ale 6.4% ローグブルワリー(ニューポート)
アメリカの中でマイクロブルワリー数が最も多い州オレゴンのニューポートという都市にあるクラフトブルワリー。
オレゴンでは地元のホップを使ったビールが多く醸造されていますが、
「Wet Hop Ale」はローグが自社栽培しているホップを収穫後すぐに仕込みに使用したフレッシュホップビールです。

④Mocha Porter 5.0% ローグブルワリー(ニューポート)
ローグ社の故郷であるニューポートへ敬意を表して造られました(New-port-er)。
コーヒーやチョコレートのような香りが特徴で6種類の麦芽とホップのバランスがすばらしい赤茶色のビールです。

⑤ビッグレッドマシーン フォールクラシックエール 6.2% ベアードブルーイング(沼津)
ベアードブルーイングは日本の職人魂を敬愛するアメリカ生れのベアード・ブライアン氏&さゆりさんご夫妻が営むマイクロブルワリー。
フォールクラシックエールはメジャーリーグのワールドシリーズが行われる10月にリリースされるビールで
少年時代に応援していた「ビッグレッドマシーン」と呼ばれたシンシナティレッズの優勝30周年を記念して造られました。
モルトの個性から生まれる深くリッチな味わいが心地よくスパイシーで爽やかなホップの個性と非常にうまくバランスが取れています。

⑥13th Anniversary Ale 9.2% ストーンブルーイング(サンディエゴ)
カリフォルニア州南部サンディエゴ近郊にあるストーンブルーイングは素材や製法にこだわり、その独創的で個性的な味わいは
アメリカ西海岸にとどまらずヨーロッパでも人気を博し、日本のクラフトビールファンの間でも非常に評価が高いとされています。
13周年を記念して造られたこのアニバーサリービールは鮮やかな濃い赤い色のボディカラーと黄褐色の泡を持ち
モルトから来るタッフィーのような甘さにホップの柑橘系の香りと苦味が織り成す素晴らしい味わいです。

⑦Budweiser 5% アンハイザー・ブッシュ社(セントルイス)
アメリカのミズーリ州セントルイスに本社を持つアンハイザー・ブッシュ社が生産・販売するビールで、
1876年に生産が始められて以来、世界中で愛されているビールです。
日本ではキリンビールがライセンス生産及び米国製バドワイザーの輸入を行っています。

スポンサーサイト
ビールイベント

どうもで~す!!

11月29日(日曜日)通称”肉の日”に15時からイベント(HIGURASHI DINER)やっちゃいます!!

内容は、ハンバーガーと”とりあえずじゃないアメリカンビール”です!!

ハンバーガーのパテは、日高新冠町の黒豚を100パーセント使用しました。脂分を多く配合しジュシーになるように肉屋さんと協力し独自に工夫したパテをつくりました!!
アメリカのクラフトビール会社の自家製ホップのピクルスやフライドポテトとオニオンリングも付きます!!(ハンバーガーは個数限定です。)

小泉農場は北海道日高新冠町にあります。小泉農場では北海道グルメで有名な黒豚(バークシャーなど)を放牧して無薬の飼料でおいしい黒豚を育てております。日高といえばサラブレットで有名な土地柄ですが、豚を飼い始めて当場は35年経ちました。
そんな中養豚を経営して、今回黒豚飼育を行い、加工品の生産を手掛けて、北海道グルメで有名な味付黒豚肉を出させていただくことになりました。北海道の厳しい自然の中、気候を生かした飼育方法で黒豚をのびのびと放牧しています。黒豚を放牧することで、病気から守り、ストレスなどもほとんどありません。ですから美味しい黒豚なんです。小泉農場HP←こちらをクリック(きっと本人を見たことがある人も・笑)


では、アメリカンなビール達のラインナップですよ~!!

リアルエール

①よなよなエール 5.5% ヤッホーブルーイング(長野)
アメリカのクラフトブルワリーでブルワーとしての魂を叩き込まれた日本人クラフトマンが日本で産んだ「よなよなエール」。
アメリカ産アロマホップとエールモルトで結実したフルーティな香りと味わいのアメリカンペールエールです。

②YOKOHAMA XPA 6% サンクトガーレン(神奈川)
日本で地ビールが解禁になる前からアメリカでクラフトビールを造っていたサンクトガーレン。
横浜市のオフィシャルウォーター「はまっ子どうし」を使用して仕込んだこのXPAは
ホップをふんだんに使った、定番ビールの中で最も苦味の効いた最も香り高いビールです。

ドラフトビール

③Chatoe Rogue Wet Hop Ale 6.4% ローグブルワリー(ニューポート)
アメリカの中でマイクロブルワリー数が最も多い州オレゴンのニューポートという都市にあるクラフトブルワリー。
オレゴンでは地元のホップを使ったビールが多く醸造されていますが、
「Wet Hop Ale」はローグが自社栽培しているホップを収穫後すぐに仕込みに使用したフレッシュホップビールです。

④Mocha Porter 5.0% ローグブルワリー(ニューポート)
ローグ社の故郷であるニューポートへ敬意を表して造られました(New-port-er)。
コーヒーやチョコレートのような香りが特徴で6種類の麦芽とホップのバランスがすばらしい赤茶色のビールです。

⑤ビッグレッドマシーン フォールクラシックエール 6.2% ベアードブルーイング(沼津)
ベアードブルーイングは日本の職人魂を敬愛するアメリカ生れのベアード・ブライアン氏&さゆりさんご夫妻が営むマイクロブルワリー。
フォールクラシックエールはメジャーリーグのワールドシリーズが行われる10月にリリースされるビールで
少年時代に応援していた「ビッグレッドマシーン」と呼ばれたシンシナティレッズの優勝30周年を記念して造られました。
モルトの個性から生まれる深くリッチな味わいが心地よくスパイシーで爽やかなホップの個性と非常にうまくバランスが取れています。

うまくいくと別の樽も開栓するかも~!!


という訳で、日曜日の15時からHIGURASHI DINER でハンバーガーと”とりあえずじゃないアメリカンビール”を皆さんで楽しくやっちやいましょ!!


告知遅れておりますが皆様のお越しをお待ちしております!!
どうもで~す!!

朝8時まで飲み、以前おこなった結婚パーティーの打ち上げをお昼間にジャスマックで温泉付き宴会をしてからポールズカフェ主催のイベントに参加してHIGURASHI営業という流れの一日でした!!

あ~、凄い濃い(酒)一日でした!!

三十路道。やればまだまだ出来るのです(笑)


それでは、恒例の樽替わり情報いきますよ~!!(今回は4樽)

・いわて蔵IPAリアルエール(いわて蔵ビール・岩手)

・ラオホボック 限定 (富士桜高原ビール・山梨)

・黒船ポーター(ベアードブルーイング・静岡)

・グレープフルーツIPA(NORTH ISLAND BEER・北海道)

が完売しております!!


ガシガシ樽替わりです!!

替わりまして登場したビールは、

一樽目、

・イングリッシュビター/リアルエール 限定 (箕面ビール・大阪)です!!

箕面ビールの大坂直営店でしか飲めなかったイギリスパブの定番エール!グビグビいけちゃうビターが札幌でも飲めちゃいますよ~!!しかも、リアルエールで!!

二樽目は、

・Harvest Ale 2009 限定 (志賀高原ビール・長野)です!!

色は、赤みがかった琥珀色。アロマホップは、自家栽培のアメリカ品種、センテニアルとウィラメットの二種類。もちろん収穫直後、生でたっぷりつかっています。アルコール度数は IPA とほぼ同じ。色からイメージされるとおり、モルトの甘みはしっかりですが、それとバランスするホップの香りと苦みが特徴です。このビールのスタイルですが、ぼくらは去年からペールエールだということにしています。でも、苦みの値(IBU)はIPA並み。度数も高めなので、「IPAでは?」という声も。まあ、スタイルはともかく、センテニアルの個性とウィラメットのやさしさ。このコンビネーションとモルトとのバランス、どうぞお楽しみ下さい。一仕込み限りの今だけのビールです。(志賀高原ビール抜粋)

三樽目は、

・インペリアルチョコレートヴァイツェン(スィート) 限定(金しゃちビール・名古屋)です!!

「インペリアルチョコレートヴァィツェン」は、原料に小麦麦芽とチョコレート麦芽を使用する事で「ヴァィツェン」と「チョコレートスタウト」の特長をうまく融合させたビールです。度数も8度にすることで、芳醇な旨味を加え、果実を思わせる香りとすっきりした甘めの味わいが特徴です。スイートテイストで女性にお奨めの、限定オリジナルレシピのビールです。(金しゃちビール抜粋)

四樽目は、

・Minoh Lumbic AGES(エイジーズ) 限定 (箕面ビール・大阪)です!!

箕面初のランビックです。
ランビック酵母で1次発酵させ、そこにさらにベルギービール酵母で2次発酵させた2段仕込みのビールです。ランビック酵母の酸味とベルギー酵母のスパイシーな複雑な香り、ブラックモルトの香ばしさとカラメルモルトの甘みが、ボディーをしっかりしてくれています。酸味と甘みのバランス、アルコールは約8.5%ですが、ボリューム豊かなビールです。約半年熟成させました、是非お試しください!(箕面ビール抜粋)

ネタ的にも面白すぎるビールのラインナップになっております!!

あっ、今月29日(肉の日)に肉のイベントを開催予定です。詳細は後ほど(笑)

それでは、皆様のお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 11/24

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール(ヤッホーブルーイング・長野)

・イングリッシュビター/リアルエール 限定 (箕面ビール・大阪)

"GUEST TAP"

・Harvest Ale 2009 限定 (志賀高原ビール・長野)

・インペリアルチョコレートヴァイツェン(スィート) 限定(金しゃちビール・名古屋)

・Minoh Lumbic AGES(エイジーズ) 限定 (箕面ビール・大阪)

・”Stone 09.09.09 Vertical Epic Ale”限定(ストーンブルーイング・アメリカ)


あとは、プレミアムモルツがつながっております。



vertical epick stone2009

どうもで~す!!

本日は、お昼頃にファイターズのパ・リーグ優勝パレードがありますね!!

HIGURASHIに飲みに来ているお客さん達もパレードを見に行く方々が多そうですね!!

起きれたら行こ~(笑)

あっ、Beer Bar NORTH ISLAND でも昼飲みやってるんだった!!行きたいな~

それでは恒例の樽替わり情報いきますよよ~!!

”オークド・アロガントバスタードエール”(ストーンブルーイング・アメリカ)が完売しております!!

オークチップで香りつけしてあって、従来のアロガンよりも個性的で良かったですね~!!

替わりまして登場したビールは、

”Stone 09.09.09 Vertical Epic Ale”限定(ストーンブルーイング・アメリカ)です!!

The eighth installment in our Belgian-inspired Vertical Epic Ale series, Stone 09.09.09 Vertical Epic Ale, is a Belgian porter brewed with dark candi sugar, chocolate malt, tangerine peel, vanilla beans, and aged on French oak.

Appearance:(見た目)
This beer pours deep brown with a thick, frothy, creamy head of tan foam.

Aroma:(香り)
Many layers, starting off with chocolate and coffee from the chocolate malt, and vanilla notes from both the vanilla bean and French Oak. A balanced oak flavor comes through in the mix. As the beer warms, the influence of the Belgian yeast is more evident, as tropical fruit and spice flavors become more pronounced.

Flavor:(風味)
Begins with chocolate roast malt character and vanilla. The vanilla accentuates the chocolate nicely. Layered in are banana esters, and hints of clove, and then the finish is a bit stronger on the oak with hints of molasses and citrus from the tangerine peel.

Palate:(味)
Medium body, very complex, and finishes very smooth. The 8.6% alcohol is not overly evident, and the flavors blend together nicely.

てな感じですので訳してね(笑)

基本的にはベルジャンポーターベースにスパイスやバニラビーンズ等で楽しく奥深い感じのビールです。

毎年、年月日が並ぶ日にリリースされ、こちらは2009年9月9日のもの。(02/02/02が初リリース、12/12/12まで作る計画があります。)
企画もののビールですが毎年レシピが違うのです!!10年構想でビールを楽しむなんて、素敵過ぎますね。絶対飲んだ方が良いですよ~!!

それでは、皆様のお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 11/22

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール(ヤッホーブルーイング・長野)

・いわて蔵IPAリアルエール(いわて蔵ビール・岩手)

"GUEST TAP"

・ラオホボック 限定 (富士桜高原ビール・山梨)

・黒船ポーター(ベアードブルーイング・静岡)

・グレープフルーツIPA(カナディアンブルワリー・北海道)

・”Stone 09.09.09 Vertical Epic Ale”限定(ストーンブルーイング・アメリカ)


あとは、プレミアムモルツがつながっております。
nigif.gif

どうもで~す!!

生まれて初めて眼帯をしてみたら遠近感が全く無くなる事に初めて気が付きましたね~。両目が見える事は大切ですね。皆さんもコンタクト付けたまま寝たらダメですよ(笑)

それでは、恒例の樽替わり情報いきますよ~!!(今回はIPA二本立て)

待機中だったリアルエールのタップには

”いわて蔵IPAリアルエール”(いわて蔵ビール・岩手)が開栓しております!!

かつてイギリスからインドに運ばれたのが由来となったビール。通常の4倍のホップを使用し、世界でもっとも苦いといわれているビールです。(いわて蔵ビール抜粋)


無くなったビールちゃんは、

”DPA (ドラフトペールエール) Harvest Brew 限定” (志賀高原ビール・長野)が完売しております!!

こちらは、ビン詰めされる事は無く樽専用のビール&季節限定取れたてホップシリーズでした!!

スイスイ系で乾燥の季節北海道には良い意味でタイミングバッチリでしたね!!

替わりまして登場したビールは、

”グレープフルーツ IPA”(カナディアンブルワリー・北海道)です!!

出た~!!ここにきてだしちゃいます(笑)

まだ飲んで無いですが造り手やファンの皆様からも美味しいと言われてますので楽しみです!!

ビアバーノースアイランドとしてHIGURASHIの場所の近くに来てからはうちもカナディアンブルワリーのビールを扱う機会が減っていたので久しぶりで嬉しいですね!!


それでは、皆様のお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 11/20

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール(ヤッホーブルーイング・長野)

・いわて蔵IPAリアルエール(いわて蔵ビール・岩手)

"GUEST TAP"

・ラオホボック 限定 (富士桜高原ビール・山梨)

・黒船ポーター(ベアードブルーイング・静岡)

・グレープフルーツIPA(カナディアンブルワリー・北海道)

・オークド・アロガントバスタードエール(ストーンブルーイング・アメリカ)


あとは、プレミアムモルツがつながっております。
休息
↑シーズンですね~!!

どうもで~す!!

今回はHIGURASHIの休息日情報ですよ~!!

11月18日(水曜日)は、誠に勝手ながらお休みさせて頂きます!!


それでは、皆様のお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 11/17

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール(ヤッホーブルーイング・長野)

・準備中!!

"GUEST TAP"

・ラオホボック 限定 (富士桜高原ビール・山梨)

・黒船ポーター(ベアードブルーイング・静岡)

・DPA(ドラフトペールエール) Harvest Brew 限定 (志賀高原ビール・長野)

・オークド・アロガントバスタードエール(ストーンブルーイング・アメリカ)


あとは、プレミアムモルツがつながっております。





simaguni ポーター

どうもで~す!!

あっという間に11月も終わってしまいますね~。
北海道は四季がはっきりとしていてわかりやすいのが良い所ではありますが12ヶ月の中でも一番季節の変わり目に苦戦するのがこの月なのかな~と思います。
日々気温の変化があるのでどんな服装を着て良いのか難しいところですね。風邪をひきやすい季節ですから皆さんも体調管理気を付けてくださいね~!!

それでは、恒例の樽替わり情報いきますよ~あ(今回はダブル)!!

・”インペリアルピルスナー 限定”(ベアードブルーイング・静岡)が完売しております!!

・”ハーベストエール 限定” (博石館ビール・岐阜)が完売しております!!


限定樽がどんどん出ていますので皆さん飲み逃しなくですよ。

替わりまして登場したビールは、

”黒船ポーター”(ベアードビール・静岡)です!!

黒船といえば、日本ではアメリカの砲艦が日本に開国を迫ったことを表現する時に使う言葉だ。黒船ポーターは滑らかで力強く、口の中にチョコレートやコーヒーのビタースウィートな味わいの余韻を残す。アルコール度数6.0%(ベアードビール抜粋)

もう一樽は、

”DPA(ドラフトペールエール) Harvest Brew” 限定 (志賀高原ビール・長野)です!!

今年の Harvest Brew シリーズの最後はDPAです!!

今年は六種類もつくった生ホップ仕込のビールですが、ホップづくりをはじめた初年度から続いているのは、Miyama Blonde と、この DPA。いつも書いているのですが、アロマホップ以外の基本のレシピは通常版と同じでも、やはり味が違うのです。毎回。去年の DPA は、信州早生とカスケードをつかったのですが、今年は四年目の信州早生と二年目のセンテニアル、そして若干の「謎のホップ」。
「謎のホップ」というのは、別に秘密にしているわけじゃなくて、ぼくらでも品種がわからないホップです。アメリカンホップを育てている方の畑には、カスケードとセンテニアルを半々で植えているのですが、その中に何株か、どちらともちがうホップが育っているのです。株自体は、一緒のタイミングでアメリカから届いたものを植えたわけですが、見た目は信州早生にも似た感じ。香りもちょっとフローラルな印象で、多分ヨーロッパ系の品種の苗が混ざっちゃったのではと思っています。

で、今年の DPA ですが、信州早生の「青い」感じと、センテニアルの華やかな苦さ、そこにちょっとだけなぞのホップの香り、ってところでしょうか。

モルトは、いつも通りマリスオッター100%のシンプルさですので、ホップの特徴がわかりやすいのではと思います。(志賀高原ビール抜粋)

昨年と違う生ホップを使用した2009年版ですよ!!しかもこちらは樽のみの流通なので限られた店舗でしか飲めませんのでお早めにどうぞ~!!

それでは、皆様のお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 11/15

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール(ヤッホーブルーイング・長野)

・IPA/リアルエール限定(オゼノユキドケビール・群馬)

"GUEST TAP"

・ラオホボック 限定 (富士桜高原ビール・山梨)

・黒船ポーター(ベアードブルーイング・静岡)

・DPA(ドラフトペールエール) Harvest Brew 限定 (志賀高原ビール・長野)

・オークド・アロガントバスタードエール(ストーンブルーイング・アメリカ)


あとは、プレミアムモルツがつながっております。




どうもで~す!!

HIGURASHI情報ではありませんが、ベルギービールとベルギー料理で有名なポールズカフェが主催するイベントが11月23日に行われますよ~!!

ベルギーから届いた美味しいレアなビール達が樽で10種類飲めたり、ベルギービールグッズが当たるオークションがあったりとなかなか面白いイベントなんです!!

個人的に今回の目玉は、世界に一つだけの自分の顔写真のラベルが付いたビールを作ることができちゃうんです!!
北海道初上陸のヴェデットCarが来て参加者皆さんに自分の顔写真付きのビールをつくるチャンスありということなんです。記念にも良いですよ!!

それでは、恒例の樽替わり情報いきますよ~!!

”インペリアルロシアンスタウト”(ストーンブルーイング・アメリカ)が完売しております!!

いやはや、濃厚で高級チョコレートを食べているかの様な味わい深さでした!!
激レアでしたが、皆さん飲み逃し無かったですか~。


替わりまして登場したビールは、

”オークド・アロガントバスタードエール”(ストーンブルーイング・アメリカ)です!!

焙煎モルトのチョコレート香とオークチップ由来と思しきバニラ香がホップ由来のフローラルな香りと複雑に絡み合う。定番のアロガントバスタードに比べ苦味は穏やかですが個性的。レシピは非公開のこのビールのキャッチフレーズは、”キミが黄色いヤワなビールを飲むヤツならこのビールは飲まないほうがいい。”どう思うかは個人差がありますが面白いですね(笑)Acl 7.2%

語るよりまずは飲め!!というスタンスのアメリカはストーンブルーイングなので皆さんも飲んでみて下さい。きっと納得するはずですよ!!

それでは、皆様のお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 11/13

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール(ヤッホーブルーイング・長野)

・IPA/リアルエール限定(オゼノユキドケビール・群馬)

"GUEST TAP"

・ラオホボック 限定 (富士桜高原ビール・山梨)

・インペリアルピルスナー 限定(ベアードブルーイング・静岡)

・ハーベストエール 限定 (博石館ビール・岐阜)

・オークド・アロガントバスタードエール(ストーンブルーイング・アメリカ)


あとは、プレミアムモルツがつながっております。
どうもで~す!!

悔しいので、あえて日本ハムファイターズの事には触れない様にします~(笑)
また、来年リベンジということで!!

雪が降ったかと思えば19度くらいまで気温があがったりとなんだか不安定な天気が続いていますが皆さん体調壊していませんか~!?なんと、明日は雪予報みたいです!!

HIGURASHIも冬の時期に向けてアルコール度数が高く心も体も温まる酔っぱらうビールが色々と登場していきますのでお楽しみにです!!

夏だけがビールではなく、冬も楽しめるビール生活を皆さんに知ってもらえたらですね~!!

それでは、恒例の樽替わり情報いきますよ~!!

”ペールエール”(箕面ビール・大阪)が完売しております!!

札幌東急デパートで行われた大阪物産店良かったですね。皆さんも、箕面ビールを飲んでこれからも応援していきましょうね~!!

替わりまして登場した樽は、

”ラオホボック” 限定 (富士桜高原ビール・山梨)です!!

「ラオホボック」は、日本でも珍しい麦芽をスモークさせた独特の香りと風味が持ち味の「ラオホ」の
麦芽を惜しげもなく使用し、さらにローストした麦芽も使った贅沢なビール。

アルコール度数も7%と高く、「強い」「深い」「濃い」という表現がぴったりの、
スーパープレミアムビールです。
富士桜高原麦酒の醸造士が自信をもってお勧めする逸品です。

富士桜高原麦酒のフルボディ・プレミアム麦酒。
秋の夜長にじっくりと味わっていただきたい。(富士桜高原ビール抜粋)

抜群です!!この時期にまさにぴったりです。飲み逃し注意報ですよ!!

それでは、皆様のお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 11/09

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール(ヤッホーブルーイング・長野)

・IPA/リアルエール限定(オゼノユキドケビール・群馬)

"GUEST TAP"

・ラオホボック 限定 (富士桜高原ビール・山梨)

・インペリアルピルスナー 限定(ベアードブルーイング・静岡)

・ハーベストエール 限定 (博石館ビール・岐阜)

・インペリアルロシアンスタウト(ストーンブルーイング・アメリカ)


あとは、プレミアムモルツがつながっております。
どうもで~す!!

さあさあ。本日、日本シリーズどうなりますかね!!
ここまで来たら、日曜日までもつれてくれると盛り上がりますね!!

それにしても、完全に日ハムが北海道に定着して盛り上がっている事は嬉しいですね!!

北海道のクラフトビールも札幌ドームで飲めたらもっと嬉しいな~!!

サッポロビールももちろん応援しますが!!


それでは、恒例の樽替わり情報いきますよ~!!

”スタウト/リアルエール”(箕面ビール・大阪)が完売しております!!
このスタウトは、近日イギリスで行われたビールの世界大会で見事金賞を獲得しただけあってかなり完成度が高かったですね~!!

替わりまして登場したビールは、

”IPA/リアルエール”限定(オゼノユキドケビール・群馬)です!!

今回のIPAは、新種のホップを使用したスペシャルヴァージョンですよ~!!
毎回ホップの種類を変えてくるIPAのリアルエール。今回も最高です!!
飲み逃し無いようにです~。


それでは、皆様のお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 11/07

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール(ヤッホーブルーイング・長野)

・IPA/リアルエール限定(オゼノユキドケビール・群馬)

"GUEST TAP"

・ペールエール(箕面ビール・大阪)

・インペリアルピルスナー 限定(ベアードブルーイング・静岡)

・ハーベストエール 限定 (博石館ビール・岐阜)

・インペリアルロシアンスタウト(ストーンブルーイング・アメリカ)


あとは、プレミアムモルツがつながっております。
どうもで~す!!

日本シリーズ盛り上がってきましたね~。とりあえずまた北海道に帰って来て札幌ドームで試合が出来るのは、北海道民として嬉しいですね!!

果たして、どうなりますかね。皆様も応援していきましょう!!

が、しかし・・・。テレビの無いHIGURASHIは日本シリーズ中の営業はなまら暇です!!

ラジオ中継と美味しいビールの組み合わせを楽しみたい方々はお待ちしております(笑)


それでは、恒例の樽替わり情報いきますよ~!!

・”森のヴァイツェン 限定” (富士桜高原麦酒・山梨)が完売しております!!

・”ペールエール Harvest Brew限定”(志賀高原ビール・長野)が完売しております!!



森のヴァイツェン大好評でしたね~!!スモークの香りが強すぎずヴァイツェンの個性もしっかりと印象付ける仕上がりに脱帽ですな。

こちらも、大人気でしたハーベストシリーズのペールエール(志賀高原ビール)。生ホップビールの旬ですね。


替わりまして登場したビールは、

”インペリアルピルスナー 限定”(ベアードブルーイング・静岡)です!!

伝統に基づいて造られたピルスナーは、きりっとしてドライで爽快感があり、ホップアクセントも印象的なラガー。ベアードインペリアルピルスは、このような伝統を重んじて造られましたが、ただ違うことは、すべての原材料(麦芽、ホップ、酵母)を、より多く加えたこと。これにより、高比重、高アルコール、より強い苦み、より芳醇なアロマ、力強いフレーバーのピルスが出来上がりました。伝統的なピルスナーの特徴を残しつつ力強いフレーバーを出した、通好みのラガーです。(他サイト抜粋)

スイスイいけちゃいます!!しかし、ピルスナーと違うところがインペリアル。後々アルコール度数7%の威力を感じる事になるでしょう。

もう一樽目は、

”ハーベストエール 限定 ”(博石館ビール・岐阜)です!!

博石館ビールで栽培したホップを使って造ったビールです!!他社の生ホップシリーズと違うのは博石館ビール独自の蜂蜜酵母を使用しているところです。

生ホップシリーズがどんどん開栓していますが、このハーベストエール面白いです。

それでは、皆様のお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 11/06

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール(ヤッホーブルーイング・長野)

・スタウト/リアルエール(箕面ビール・大阪)

"GUEST TAP"

・ペールエール(箕面ビール・大阪)

・インペリアルピルスナー 限定(ベアードブルーイング・静岡)

・ハーベストエール 限定 (博石館ビール・岐阜)

・インペリアルロシアンスタウト(ストーンブルーイング・アメリカ)


あとは、プレミアムモルツがつながっております。
どうもで~す!!

いやいや、日本シリーズが始まりましたね。昨日は残念な結果に終わってしまいましたので本日はすっきり勝って敵地へ乗り込みたいものですね!!

お仕事中なのでリアルタイムで見れませんが、本日も携帯のテキスト速報を見ながら応援したいと思います!!

球場行きたいな~(笑)

それでは、恒例の樽替わり情報いきますよ~!!

・Miyama Blonde Harvest Brew限定(志賀高原ビール・長野)が完売しております!!

・IPA(ストーンブルーイング・アメリカ)が完売しております!!


Harvest Brewシリーズは、今年もやさしい気持ちにさせてくれますね!!今年のサッポロクラシックの富良野生ホップ使用限定クラシックも気になりますね~!!

替わりまして登場したビールは、

”ペールエール” Harvest Brew限定(志賀高原ビール・長野)です!!
 志賀高原ビールの定番中の定番、ペールエールを、自家栽培のカスケードをアロマホップとして生のままふんだんにつかって仕込みました。

栽培二年目のカスケードホップですが、決して派手ではないものの、去年にくらべても確実に香りが強くなっています。
ややドライな味わいに、やや青いちいさなみかんのようなみずみずしい香りが特徴です。飲み飽きしない、バランスのいい仕上がりだと思っています。
今の季節だけの、他にはない特別なビールです。どうぞお楽しみ下さい。(志賀高原ビール抜粋)

もう一樽は、

”インペリアルロシアンスタウト”(ストーンブルーイング・アメリカ)です!!

アルコール度数10,8%、IBUSは90+というヘヴィーな味わいながらまろやかなさも兼ね備えており、初心者からストーン通まで納得のインペリアルロシアンスタウトです!!


樽でこのビールを飲める事は、激レアですよ~!!飲み逃しなく~!!


それでは、皆さんのお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 11/01

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール(ヤッホーブルーイング・長野)

・スタウト/リアルエール(箕面ビール・大阪)

"GUEST TAP"

・ペールエール(箕面ビール・大阪)

・ピルスナー(箕面ビール・大阪)

・森のヴァイツェン 限定 (富士桜高原麦酒・山梨)

・ペールエール Harvest Brew限定(志賀高原ビール・長野)

・インペリアルロシアンスタウト(ストーンブルーイング・アメリカ)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。