上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもです。

お休み情報から参ります。

9月のお休みは 2(日)・15(土)・16(日)です!!
勝手ながらお休みさせていただきます、申し訳ないです。

15日、16日は白老で行われる飛生(とびう)芸術祭のALL NIGHT CAMPにビールとハンバーガーで出店する予定です。

詳しいことはコチラ TOBIUCAMP

なんでもアートと音楽のお祭りだそうで楽しげです。

興味ある方は是非参加しましょう!!
近くに温泉もありますよー!!チケットはHIGURASHIで絶賛発売中です!!


さて、1樽かわりましたよー!!



●本日開栓●




・ブルックリンラガー

(常陸野ネストビール・茨城)


常陸野ネスト「ブルックリンラガー」登場!こちらはニューヨークにあるブルックリン・ブルワリーの超定番ビールをネストがライセンス生産したものです。ドライホップによる香りとフルーティーな味わいを感じつつラガーならではのスッキリ感を楽しめます。







‥‥ただし多くのビール好きによって


・アマリロゴールデン (伊勢角屋麦酒・三重)


は飲み干されてしまいました、次回の入荷を待っててくださいね。






HIGURASHI TODAY’S ON TAP 

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール (ヤッホーブルーイング・長野)

・オイスタースタウト/リアルエール (いわて蔵ビール・岩手)

"GUEST TAP"

・バーリーワイン(ハーヴェストムーン・千葉)

・ウィートエール(志賀高原ビール・長野)

・ブルックリンラガー(常陸野ネストビール・茨城)

・スカルピンIPA(バラストポイント・カリフォルニア)

・ハイビスカスジンジャー (カルデラブリューイング・オレゴン)

カールスバーグもありますよ!!

スポンサーサイト
どうもです。

一関のビアフェスも大好評、無事に終了したみたいですね。
70社余りのブルワリーさんが集まり、地域ぐるみで盛り上がるこのビアフェス。
札幌からも参加した人も沢山いたのではないでしょうか。

僕は未だ参加できていませんがいつか必ず参加してみたいですね。
(来年あたりボスにお願いしてみるつもりです)

さて3樽かわりますよー!!!!




●本日開栓●




・オイスタースタウト

(いわて蔵ビール・岩手)


”オイスタースタウトについて”
19世紀から20世紀の変わり目に、イングランドのコルチェター・ブルーイング社が「オイスターフィ-スト・スタウト」というビールを醸造し、毎年オイスターの季節に売り出したのが始まりです。
 その後いくつかの醸造所で生産され、一時はイギリスからアジア・アフリカ・アメリカにまで輸出していました。しかし、1960年代後半に生産が中止され、約30年間は製造されなかったのですが、最近アメリカで復活していました。
また、黒ビールと牡蠣の取り合わせが美食家に流行しだしたのは、それより昔の1759年に「ギネススタウト」が生まれたからです。
 オイスターのデリケートな潮の香りとスタウトの強い麦芽風味は口の中で誠に絶妙なハーモニーを奏でるため、この2つの酒と料理の組み合わせがもっとも理想的なサンプルになったからです。
            (世界ビール辞典より引用)
牡蠣のほのかな香りとビールが融合した、いわて蔵の「オイスタースタウト」リアルエールをご賞味あれ!!




・ウィートエール

(志賀高原ビール・長野)


昨年よりも、やや赤みがかった、くもりをおびたオレンジ色。
例によって、ウィートといっても、スパイス等はつかわず、ホップが特徴のこのビール。
ホッピーではあるのですが、刺激的な柑橘系の香りというよりも、なんかスモモやアンズを思わせるような、ほのかに甘みを帯びた香り。
アルコール度数は、去年よりもちょっと下げて4.6%(ラベル表示は5%)。
軽快ではありますが、50%以上つかった小麦麦芽ゆえの飲み口と、ほのかな酸味で、物足りなさは感じません。
アイスティーでも飲むみたいに、ゆるゆると、でも何杯も飲んじゃいそうな感じだと思っています。どうぞお試しください!




・ハイビスカス ジンジャー

(カルデラブリューイング・オレゴン)


ジンジャーエキスとハイビスカスの花を加え、ほのかな苦みが心地よいユニークな限定品。
いかにも女子ウケしそうですね。
早く来ないと無くなりますよ!!




‥‥ただし多くのビール好きによって


・ポーター/リアルエール (木曽路ビール・長野)

・ホワイトスワンヴァイツェン(スワンレイクビール・新潟)

・レヴィテーションエール(ストーンブリューイング・カリフォルニア)


は飲み干されてしまいました、次回の入荷を待っててくださいね。






HIGURASHI TODAY’S ON TAP 

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール (ヤッホーブルーイング・長野)

・オイスタースタウト/リアルエール (いわて蔵ビール・岩手)

"GUEST TAP"

・バーリーワイン(ハーヴェストムーン・千葉)

・ウィートエール(志賀高原ビール・長野)

・アマリロゴールデン (伊勢角屋麦酒・三重)

・スカルピンIPA(バラストポイント・カリフォルニア)

・ハイビスカスジンジャー (カルデラブリューイング・オレゴン)

カールスバーグもありますよ!!

どうもです。

本日東京では、ビールのフレーバーと料理のフレーバーの相乗作用によって第3のフレーバーを 引き出し、ビールのある食事をいっそう楽しく豊かにすることを目指す催し「ルボー マリアージュ Le Beau Mariage」が行われるそうです、楽しそうなイベントですね。

ビールの様々なスタイルに合わせてマッチする料理は、これからのクラフトビールの一つのテーマなのかもしれません。

HIGURASHIでもそのようなフードメニューをどんどん作っていきますよー!!





●本日開栓●




・ホワイトスワンヴァイツェン

(スワンレイクビール・新潟)


ヴァイツェン酵母を使用して作っておりフルーティな味と香りが特徴。バランスが良く、とても美味しいヴァイツェンです!!



・スカルピンIPA

(バラストポイント・カリフォルニア)


2010年4月 ワールドビアカップ金賞!数多のライバルを退けたGold Medalは全米の賞賛を浴びています。バラストポイントを代表するこのIPAは日本でも大好きな人は多いはず!!




‥‥ただし多くのビール好きによって


・湘南ヴァイス(湘南ビール・茅ヶ崎)

・PUNK IPA(Brew Dog Brewery・スコッ
トランド)



は飲み干されてしまいました、次回の入荷を待っててくださいね。






HIGURASHI TODAY’S ON TAP 

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール (ヤッホーブルーイング・長野)

・ポーター/リアルエール (木曽路ビール・長野)

"GUEST TAP"

・バーリーワイン(ハーヴェストムーン・千葉)

・ホワイトスワンヴァイツェン(スワンレイクビール・新潟)

・アマリロゴールデン (伊勢角屋麦酒・三重)

・スカルピンIPA(バラストポイント・カリフォルニア)

・Levitation Ale (Stone Brewing・アメリカ)

カールスバーグもありますよ!!

どうもで~す!!

まだまだ真夏のように暑い日が続いてますね!!
自家製ソーセージでビールを飲みたくありませんか??
美味しいのつながってます。

今回のソーセージはチーズ入りフランクフルトと豚トロ入りのフライシュケーゼの2種類です!


それでは、恒例の樽替わり情報いきますよ~!!


・東京ブラック (ヤッホーブルーイング・長野)

・インペリアルIPA (サンクトガーレン・神奈川)

・ペールエール (伊勢角屋麦酒・三重)


が完売しております!!



替わりまして登場したビールは

一樽目。

・ポーター/リアルエール(木曽路ビール/長野)です。


ベースモルトを2種類使用、それに加え淡く赤みを帯びた麦芽から深い焙煎によって 漆黒に染まった麦芽など5種類ものカラーモルトを絶妙にブレンド。
計7種類もの麦芽から作り出されるこのビールは、深いコクと味わいを持ち、ホップをあまり 主調せない事でホップ由来の香りと苦味を抑えてあり、上面醗酵特有のフルーティーで豊かな 味わいの中にも香り・コク・味の調和がとれたスッキリとした後味を楽しませます。

インターナショナル・ビア・コンペティション2010 金賞受賞



二樽目。

・バーリーワイン(ハーヴェストムーン/千葉)です!

モルティ好き集まれ!!

8%という高アルコールがもたらすリッチなモルト風味と複雑なエステルアロマ。半年間熟成させた、濃厚な味わいをお楽しみください。

ジャパン・アジア・ビアカップ2009/2010 金賞受賞


三樽目。

・アマリロゴールデン(伊勢角屋麦酒・三重)です!

人気の柑橘系ホップ「アマリロ」を前面に強調したゴールデンエール。
口に含むとまったりとしたフローラルな香りと、リーフの青っぽさを感じさせ、喉元を通ればすっきりとシャープな味わいです!!




HIGURASHI ON TAP 

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール (ヤッホーブルーイング・長野)

・ポーター/リアルエール (木曽路ビール・長野)

"GUEST TAP"

・バーリーワイン(ハーヴェストムーン・千葉)

・湘南ヴァイス (湘南ビール・茅ヶ崎)

・アマリロゴールデン (伊勢角屋麦酒・三重)

・PUNK IPA (Brew Dog Brewery・スコットランド)

・Levitation Ale (Stone Brewing・アメリカ)

カールスバーグもあるよ!!
どうもで~す!!

ちょいちょい期間限定フードメニューも出てますよー、是非食べに来てくださいねー‼

それでは、恒例の樽替わり情報いきますよ~!!


・オールドワールドケルシュ (ベアードビール・静岡)

・お坊さんエール (ベアードブルーイング・静岡)

・ドッグタウンペールエール (ラグニタスブルーイング・アメリカ)

・キャリコアンバーエール (バラストポイントブルーイング・アメリカ)

が完売しております!!



替わりまして登場したビールは

一樽目。

・湘南ヴァイス(湘南ビール/茅ヶ崎)です。


白く濁っていて泡が淡雪状なのが特徴です。酸味がありフルーティーな味わい。上面発酵の小麦ビールです!
小麦好き、お早いご来店お待ちしています!


二樽目。

・ペールエール(伊勢角屋麦酒/三重)です!

2003 オーストラリアビアアワード ゴールド受賞
2002 ジャパンビアカップ ゴールド受賞
カスケードホップのさわやかな柑橘系の香りを最大限に引き出したアメリカンタイプのペールエールです。その実力は世界で認められ、オーストラリア国際大会では、部門金賞と金賞の中のベストオブクラスウィナーズにも選ばれたほどです。かつて、日本のビール審査会の審査委員長に、『初めて地ビールを飲む人がこのビールを飲めば、地ビールをまずいという人は居ないでしょう。』と言わしめた、伊勢角屋麦酒の自信作です。


三樽目。

・PUNK IPA(Brew Dog Brewery/スコットランド)です!

大人気のIPAがさらに美味しくなりました。

大きな違いはドライホッピングと度数。スタンダードアイテムながら、大量のホップを贅沢に使い、手間を惜しまずドライホッピングを行い、さらに香り高くなりました。
また度数を6%から5.6%にすこし下げることで、より飲みやすくなっています
飲み口の最初の印象は、香りの印象をそのまま引き継ぐ南国フルーツと優雅な麦芽由来の甘さ、うっとりするビターグレープフルーツ様の踊るホップ!

ドライホッピングによる終わりの無い素晴らしい余韻へとつながります。

完成されていた以前のパンクIPAをさらに進化させ、他の追随を許さない孤高のIPAへと変貌を遂げたパンクIPA。


四樽目。

・Levitation Ale(Stone Brewing/アメリカ)です!

 「ストーン初心者」にぜひおすすめしたい入門編ビール。
ホップとモルト感が絶妙。

もちろんビール通にも手ごたえは抜群で、ストーンらしさもキチンと表現しているところは、さすがストーンです。


HIGURASHI ON TAP 08/14

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール (ヤッホーブルーイング・長野)

・東京ブラック/リアルエール (ヤッホーブルーイング・長野)
"GUEST TAP"

・インペリアルIPA(サンクトガーレン・神奈川)

・湘南ヴァイス (湘南ビール・茅ヶ崎)

・ペールエール (伊勢角屋麦酒・三重)

・PUNK IPA (Brew Dog Brewery・スコットランド)

・Levitation Ale (Stone Brewing・アメリカ)

カールスバーグもあるよ!!
どうもで~す!!

ここのトコロ札幌は蒸し暑くてイヤな日々が続いておりますね、お盆中でお休みの人も多いのではないでしょうか?せっかくのお休みに体調を壊さないようにいっぱいビールを飲みましょうね‼

さてさて今回からはこのブログは西脇が担当させていただきます!
精一杯、細心の注意を持って正しいビール情報•樽替わり情報務めさせて頂きますが、もし気になる事やご指摘などございましたら当店でビールを飲みながらご指導•ご鞭撻など頂けたら幸いです。

それでは、恒例の樽替わり情報いきますよ~!!


・山椒ペールエール/リアルエール(箕面ビール・大阪)

・IPA FF7C (オゼノユキドケビール・群馬)


が完売しております!!


替わりまして登場したビールは

一樽目。

・東京ブラック/リアルエール (ヤッホーブルーイング・長野)です!!

ご存じポーターというスタイルの黒色のビール。

本場イギリスでは個性的で濃厚な黒が人気です。
それは「ポーター」がイギリス中で飲まれた初めての
国民的ビールであるということにも由来しているのでしょう。
ロースト麦芽と薫り高いホップが醸し出す香ばしい味わいは
世界中で愛され今では遠く日本にも輸出されています。
ヒグラシでも根強いファンが多いビールですね‼

二樽目。

・インペリアIPA(サンクトガーレン・神奈川)です!!

ホップ好き注目ですよ‼
サンクトガーレン内で1番シンプルなビール「ゴールデンエール」の2倍以上の原材料を使用し、アルコール度数は8%、 苦味数値 IBUはサンクトガーレン史上最も高い97!!!
サンクトガーレンのレギュラービール内で最もIBUの高い「YOKOHAMA XPA」の約2倍‼

8種類ものホップを使用
 →ビタリング(苦味付け)使用ホップ:チャレンジャー、コロンバス(トマホーク)、HBC、シムコー、カスケード、アマリロ 
 →アロマ(香り付け)使用ホップ:HBC、センテニアル、シトラ、シムコー、アマリロ

特に今回使用しているHBCホップはアメリカで2011年に生まれた新種ホップで、未だ醸造関係者でも
現物を手にとったことがある人が少ない稀少ホップです!

高いアルファ酸を持ち、ホップメーカー曰く柑橘類・スイカのようなアロマをもつホップとのこと。
実際に嗅いでみると柑橘系の爽やかな香りよりも、南国のフルーツを思わせるトロピカルな甘い香りが印象的です。

それでは、皆様方のお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 08/14

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール (ヤッホーブルーイング・長野)

・東京ブラック/リアルエール (ヤッホーブルーイング・長野)
"GUEST TAP"

・インペリアルIPA(サンクトガーレン・神奈川)

・オールドワールドケルシュ (ベアードビール・静岡)

・お坊さんエール (ベアードブルーイング・静岡)

・ドッグタウンペールエール (ラグニタスブルーイング・アメリカ)

・キャリコアンバーエール (バラストポイントブルーイング・アメリカ)

カールスバーグもあるよ!!
どうもで~す!!

無事にアメリカ研修から帰って参りました!!
やはり、クラフトビールの最先端の地は物凄くかっこよかったです!!

長い間お休みありがとうございました!!

ブルスト西脇のソーセージも発動しております!!

それでは、恒例の樽替わり情報いきますよ~!!

とりあえず全て入れ替わっております(笑)

一樽目。

・山椒ペールエール/リアルエール(箕面ビール・大阪)です!!

地元、箕面のあさくら山椒を使ったペールエールです。 スパイシーな山椒の香りと風味、カスケードホップのアロマが 食欲をそそるビールです。山椒のスパイシーさとペールエールのキレの良さが夏らしいビールです。

二樽目。

・IPA FF7C (オゼノユキドケビール・群馬)です!!

レアです!!7種類の頭文字がCからはじまるホップを使用したIPAです!!

三樽目。

・オールドワイルドケルシュ (ベアードビール・静岡)です!!

ドイツビールの歴史の記録を見ると、ケルシュは実際には比較的「ニューワールド」スタイルで200年程の歴史しかない。「ケルン市のビール」として有名で、色が薄く、ドライで、ホップの利いたゴールデンエールだ。フルーティなワインのような香りが大きな特徴の一つとなっている。ベアードオールドワールドケルシュは、フロアーモルテッドのドイツ産ピルスナーとイギリスのマリスオッターモルトを使用し、ホップはアメリカ産のスターリング、パール、ヴァンガードを組み合わせた。グラスに注ぐと、真っ白できめ細かい泡が大変印象的で、やや濁ったホワイトゴールドカラーのビールだ。アロマは弾けるレモンのような爽やかさがある。フレーバーはドライで喉の渇きを癒すのに最適だ。

四樽目。

・お坊さんエール (ベアードブルーイング・静岡)です!!

ベルギービールの世界では、その長い醸造の歴史において、多くのユニークなビアスタイルを生み出してきた修道院ブルワリーがいくつかある。そのスタイルのひとつがベルジャンダブルである。色は深い赤から茶色、比較的比重とアルコール度数が高く、ミディアムボディで、キャラメルやチョコレートや熟したフルーツのような風味を感じる。

もし、このスタイルが日本で造られていたなら、間違いなく、ビールを愛するお坊さん達が造っていただろう。残念ながら、それは行われていなかった。そこでベアードブルワー達がそれを実現しました。ベアードのお坊さんエールは、ビール文化においてある意味重要な要素である宗教的な歴史を祝うためにつくられた。これを飲んで、瞑想したら、何か自分自身の新しい発見があるかもしれませんよ。

五樽目。

・ドッグタウンペールエール (ラグニタスブルーイング・アメリカ)です!!

ペールゴールドの液体はホップの爽快な香りが高く、りんごや洋ナシ、
グレープフルーツの皮、オレンジに黄桃など、爽快さとまろやかな甘味を
感じることが出来るフルーツ香が魅力です。

モルトの甘味と香ばしさ、適度な苦みがみずみずしく程良い炭酸と
一緒に流れ込み、爽快な喉越しと確かな満足感を与えてくれます。

雑味が全くなく、しっかりと苦いのにキレがあるので飲み易く、
いつでも飲みたくなる完成度の高いペールエールです!!(他参照)

六樽目。

・キャリコアンバーエール (バラストポイントブルーイング・アメリカ)です!!

数々の受賞歴もさることながら、4種類のモルトをブレンドしており、非常に香りが豊かで複雑。 フルーティでフローラルなアンバーエールはなかなか無いと絶賛のアンバーエールです♪

それでは、皆様方のお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 08/10

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール (ヤッホーブルーイング・長野)

・山椒ペールエール/リアルエール(箕面ビール・大阪)


"GUEST TAP"

・IPA FF7C (オゼノユキドケビール・群馬)

・オールドワイルドケルシュ (ベアードビール・静岡)

・お坊さんエール (ベアードブルーイング・静岡)

・ドッグタウンペールエール (ラグニタスブルーイング・アメリカ)

・キャリコアンバーエール (バラストポイントブルーイング・アメリカ)

カールスバーグもあるよ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。