上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもで~す!!

四月になり会社では新入社員が入って来ましたとか部署がかわった等春らしい話題が聞こえてきます。

何かと環境がかわったりでバタバタとする時期ですね。

HIGURASHIもいつの日か新入社員が入って来たりすることがあるのでしょうか。
いずれにせよずっと未来の事だろうな~(笑)

それでは、恒例の樽替わり情報いきますよ~!!

”ヴァイツェン”(いわて蔵ビール・岩手)が完売しております!!

意外にもHIGURASHI初登場だったいわて蔵のヴァイツェンは、スッキリとした中にも主張があって美味しかったですね。もっと気温が上がった時期にまたグイグイ飲みたいですね~!!

替わりまして登場したビールは、

・社長スペシャル第三弾 ”ファーストピルスナー”(伊勢角屋麦酒・三重)です!!

経験と知識を駆使し、ビールの限界に迫ろうという社長スペシャルビールの第3弾。今回は、伊勢角屋麦酒12 年の歴史で、初めてピルスナーに挑戦しました。これまでISEKADOYABEERでは、個性の出しやすい上面発酵のビールの中で色々な可能性を追い求めてきましたが、今回は、日本でも世界でも圧倒的な消費量を誇る下面発酵のピルスナーにあえて挑戦し、その中で、「これは素晴らしい。」と思っていただけるものを作ってみたいと思いました。クラフトビールファンの方には、「なるほど、ISEKADOYAの作るピルスナーだ。」と、また、初めてのお客様には「飲んだことが無い華やかなビールだ。」と思っていただけるようなものを作りたいと思いました。目指したイメージは、「清楚で、かつ、華やかさをもった少し控えめな知的な女性。」きわどいバランスが求められるだけに、ベーシックな仕込み方を基本に据えつつ、ホップの種類や使い方では、新しい試みを試しました。結果的に、素晴らしい泡持ちと、ピルスナーらしい切れの良さ、そして、アロマホップの華やかさをもったほぼイメージ通りのピルスナーです(伊勢角屋麦酒抜粋)

ピルスナー。そうなんです、伊勢角屋麦酒さんは12年間ビールを造っておりますが今までピルスナーは造っていなかったんです。ピルスナーは日本人にとって最も親しみがあるビールでビールの中では造るのが難しいと言われております。是非ともクラフトビール会社のピルスナーを堪能してみて下さい!!


それでは、皆様方のお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 4/7


"REAL ALE"

・よなよなリアルエール(ヤッホーブルーイング・長野)

・ネストペールエール/リアルエール(ネストビール・茨城)


"GUEST TAP"

・社長スペシャル第三弾 ”ファーストピルスナー”(伊勢角屋麦酒・三重)

・ひぐま濃いビール(ローグ・アメリカ)

・IPA(志賀高原ビール・長野)


・Oaked Aged Yeti (グレイトディバイドブリューイング・アメリカ)

あとは、カールスバーグがありますよっ。

コメント

新入社員で雇ってくれる?
オッサンだけど(笑)
2010/04/08(木) 07:18:22 | URL | なら #-[ 編集]
ならさん!!

働きますか?

お給料がビールで良ければ(笑)

2010/04/11(日) 09:38:32 | URL | bonzyama #udc5BzDA[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://vfhigurashi.blog107.fc2.com/tb.php/385-89b508e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。