上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもで~す!!

ちょいと時間がないので取り急ぎ樽替わり情報いきまっせ~!!

それでは恒例の樽替わり情報です!!

・東京ブラックリアルエール(ヤッホーブルーイング・長野)

・セントローグレッドエール (ローグブルワリー・アメリカ)

・FRESH HOP PALE ALE (ベアリパブリックブルーイング・アメリカ)

が完売しております!!


替わりまして登場したビールは、

一樽目。

・”YOKOHAMA XPA リアルエール” (サンクトガーレン・神奈川)です!!

“赤道を越えても腐らない水”と評される「はまっ子どうし」の伝説にちなみ、ペリーが赤道を越えて日本に持ち込んだとされるビールを、サンクトガーレン流にアレンジして再現しました。このペリーが持ち込んだビールがきっかけとなり、日本のビールの歴史がはじまりました。通常のビールは醸造過程で3回ホップを投入しますが、今ビールはホップの投入を5回行い、その合計使用量は当社通常ビールの約4倍にもなります。このビールは、そんなホップの鮮烈な苦み、華やかな香りが存分に楽しめます。

二樽目。

・”レモンエール” 限定 (いわて蔵ビール・岩手)です!!

とってもすっきりしたの特徴なレモンエールです。さらにこちらは自然から採取された自然酵母をしようしています!!う~ん、ランビックとまではいきませんがなかなか面白いです!!

ビタミンC不足の方々は必飲です!!

三樽目。

”・Oaked Arrogant Bastard Ale” (ストーンブルーイング・アメリカ)です!!

焙煎モルトのチョコレート香とオークチップ由来と思しきバニラ香がホップ由来のフローラルな香りと複雑に絡み合う。定番のアロガントバスタードに比べ苦味は穏やかですが個性的。レシピは非公開のこのビールのキャッチフレーズは、”キミが黄色いヤワなビールを飲むヤツならこのビールは飲まないほうがいい。”どう思うかは個人差がありますが面白いですね(笑)Acl 7.2%

語るよりまずは飲め!!というスタンスのアメリカはストーンブルーイングなので皆さんも飲んでみて下さい。きっと納得するはずですよ!!

それでは皆様方のお越しをお待ちしております!!

HIGURASHI ON TAP 12/28

"REAL ALE"

・よなよなリアルエール(ヤッホーブルーイング・長野)

・YOKOHAMA XPA リアルエール (サンクトガーレン・神奈川)


"GUEST TAP"

・レモンエール 限定 (いわて蔵ビール・岩手)

・ジュビレーションエール 限定(ベアードビール・静岡)

・インディアン サマー セゾン (志賀高原ビール・長野)

・Oaked Arrogant Bastard Ale(ストーンブルーイング・アメリカ)

・Oaked Aged Yeti(グレイトディバイドブリューイング・アメリカ)

・カールスバーグもあるよっ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://vfhigurashi.blog107.fc2.com/tb.php/487-0f7ad145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。