上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもです。












今月の3月25日(火)はお休みになりますのでよろしくお願いします。







というわけで3樽かわりました!!















●本日開栓●

















・不知火エール

(伊勢角屋麦酒/三重)



不知火のフルーティーな香りとほどよい苦味を前面に出し、4種類のホップを複雑に組み合わせ、まろやかなペールエールをベースに、地元(三重県多気郡多気町佐奈の五桂池の畔)で錦谷征子さんの栽培した不知火の皮を漬け込みました。

3月に収穫した不知火を80個分の皮を漬け込み、てんこ盛りの香りをのせました。まろやかで香りふくよかな不知火の風味をお楽しみください。
















・The 1st

(ノースアイランドビール×コエドビール/北海道 江別)




ジャーマンホップ、ピルスナーモルト、ジャーマンイースト、
ピルスナーに使用される原材料だけを使用。
アルコール度数を8.5%。
ドライホッピングでアロマを強調させたインペリアルピルスナーです!

”The 1st”の名前の由来。

・1st wort(一番麦汁)だけを使用しています
・1st Wort Hoppingという方法でホップを投入しています
・ノースもコエドも共に初めて造るスタイルのビール
・初めて札幌で開催されるクラフトビールイベント用に仕込んだビール
・初めて使用したホップが何種類か
・イーストもノースでは初めて使ったイースト
・ノースは初コラボ、コエドも国内初コラボです











・パンクIPA

(ブリュードッグ/スコットランド)



パンクIPAは、創業者ジェームズ・ワットが世界一のIPA(インディアンペールエール)を目指し、採算を度外視してつくり出した至高のIPAです。スタンダードアイテムながら、大量のホップを贅沢に使い、手間を惜しまず ドライホッピング を行い、ホップのアロマを最大限に引き出しています。

透明感のあるクリアなゴールデンカラー。香りはしっかりとした上質な麦芽、トロピカルフルーツ、そして何よりも ブリュードッグらしいグレープフルーツ香 が、 大量のホップ とともに現れます。まさにホップの魔術師!飲み口の最初の印象は、香りの印象をそのまま引き継ぐ 南国フルーツと優雅な麦芽由来の甘さ、うっとりするビターグレープフルーツ 様の踊るホップ!ドライホッピングによる終わりの無い素晴らしい余韻へとつながります。
辛口ビアマニアの評価サイト “ratebeer.com” では、 98点 という高得点を獲得しております。











‥‥ただし多くのビール好きによって











伊予柑エール(伊勢角屋麦酒/三重)






モーニングコーヒースタウト(ベアードブルーイング/静岡)






7ホップIPA(ローグエールズ/オレゴン)











は飲み干されてしまいました、次回の入荷を待っててくださいね。




























HIGURASHI TODAY’S ON TAP 
"REAL ALE"

・よなよなリアルエール(ヤッホーブルーイング・長野)

・金鬼リアルエール(鬼伝説ビール/北海道 登別)


"GUEST TAP"

・不知火エール(伊勢角屋麦酒/三重)

・The 1st(ノースアイランドビール×コエドビール/北海道 江別)

・雪月花(コエドビール/埼玉)

・オークドアロガントバスタードエール(ストーンブルーイング/カリフォルニア)

・パンクIPA(ブリュードッグ/スコットランド)

カールスバーグもありますよ!


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://vfhigurashi.blog107.fc2.com/tb.php/864-b24674a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。